NEWS

事前予約のお願い

5月28日(土)に行われます、令和3年度 調査・分析委託事業 年度末発表会(詳細以下参照)を事前予約優先制にて開催いたします。

  • ご予約はこちらからお願いいたします

  • NEWS

    • 2022.04.07

    5月28日(土) 調査・分析委託事業成果発表会 開催のご案内

    公益財団法人シマノ・サイクル開発センターにおきましての、令和3年度 調査・分析委託事業 年度末発表会を下記要領にて開催させていただきますので、ご案内申し上げます。

      
    第一部  13時30分~14時40分 (質疑応答 10分含む)
    発表題:「日本製変速機の歴史とその進化」 
    今、日本製の変速システムは世界のトップにあります。
    多くの皆さんが使っている日本製変速機はいつ頃から造られ、 どの様に進化したのか、日本製変速機の歴史を分かりやすくまとめました。
    日本製の変速機に興味を持っていただければ幸いです。
    講演:佐々木 英樹氏 自転車史研究家

    第二部  14時40分~15時50分 (質疑応答 10分含む)
    発表題:「日本の自転車製造業者」
    日本の自転車製造業の歴史について、奈良・平安時代の乗り物である牛車から話をすすめ、江戸期の人力自走車開発に携わった人々、そして明治期に登場した三輪車(自転車)の製造を始めた職人達。近代自転車産業の父と云われる梶野仁之助の事績と、それに続く宮田製作所など初期の国産自転車製造業者。大正期になると国産自転車製造の本格的なスタートが始まる。昭和期は戦前及び戦後の自転車メーカーの状況、そして現代のグローバル化した自転車製造業の実態、最後に垣間見えてきた未来の自転車の姿などを通史的に概観しました。
    講演:大津 幸雄氏  日本自転車史研究会 代表
    *発表代演 長谷部雅幸 シマノ自転車博物館学芸員

    開催日時:5月28日(土) 13時30分~15時50分
    場所:シマノ自転車博物館 ミュージアムスクエア―
    入場料:無料

    COVID-19感染拡大防止策を実施し、過密にならぬよう配慮し開催させていただきます。


                  公益財団法人シマノ・サイクル開発センター

                  シマノ自転車博物館